環境社会貢献への取り組み

ECOドライビングの実施と呼びかけ

千歳商会のECOドライビングの推進とは、不必要なアイドリングをしないで、急加速や急発進をしないで、ふんわり適切な速度で走行する、環境に配慮したドライブマナーです。
私達の日常生活は勿論、デリバリー業務において、各自動車は必要不可欠な道具です。
しかしながら自動車は、光化学スモッグの原因である「窒素酸化物(NOx)等を排出し、また、温室効果ガスとして地球温暖化の原因となる「二酸化炭素(CO2)」等の温室効果ガスも排出します。
そのため、自動車を利用する一人一人が、日常生活からデリバリー業務の中で、ECOドライビングを行う必要があります。
私達、千歳商会はECOドライビングによる環境保全活動と、安全運転事故ゼロを目指しています。

社用車・社用トラックのステッカー貼付

ECOドライビングへの意識高揚を目的に、オリジナルステッカーを貼っています。

オリジナルステッカー

ECOドライビング セルフポイント

〜空気圧の点検励行、急発進・急ブレーキの防止、最適ルートの確認など〜

  1. 1(ふんわり)やさしいアクセルで出発進行!

    やわらか発進を心掛けています。

  2. 2始業前点検で安全確認タイヤの空気も新鮮イキイキ

    適正空気圧で安全確保、接地圧低減、チェックリストで確実点検を実施しています。

  3. 3道路情報や渋滞情報を出発前にチェック!

    ストックヤードやデリバリー先からの移動の前に情報収集しています。

  4. 4エンジン始動!すぐ出発!

    暖機運転はほどほどに、CO2の削減です。

  5. 5夏場のエアコン控えめに

    車室内を自然な温度に近づけています。

  6. 6早め早めのアクセルオフ!

    エンジンブレーキや排気ブレーキを併用して、安全停止しています。

  7. 7アイドリングストップ!

    いらないアイドリングはやりません。

    ※アイドリングストップは、各車両の季節的状況や停止状況に応じて行います。

ページトップへ