ビケ事業部

ビケ事業部

ビケ事業は、1980年日本で初めてのくさび式足場であるビケ足場が開発され、『ハンマー1つで組立OK!』のキャッチコピーでスタートしました。
当初は部材販売だけを行っていましたが、現場への普及が進みませんでした。そこで、現在では当たり前になった施工付レンタル事業を考案し、新しいビジネスモデルとして発展させるために、使えば良さを分かっていただけるはずと、普及活動を続けてまいりました。
弊社は関東の代理店第1号店として、業界をリードすべく事業を展開してまいりました。ビケ=美形の通り、完成形の美しさと施工付レンタル、作業効率の良さ、そして何より高い安全性が評判となり、住宅メーカー様等から信頼をいただきました。

ビケグループ

写真:ビケグループ

ビケ事業を推進する組織です。共通のビケ足場ブランドを掲げて、現在では40社の会員会社がビケグループを構成し、約4000名が住宅業界への貢献のために全国で活躍しています。弊社が活動する関東一円もさることながら、全国どこでも対応が可能です。そして、ビケグループだからこそできる独自の保険システムを完備し、物損事故や第三者災害に対する損害も補償は万全です。

レンタルサービスからシステムサービスへ

時代の経過、お客さまのニーズに合わせ、足場に対する要望も大きく変化してきました。使って安全であることは当然の時代において、建設現場に必要な環境備品や、ただ作業ができる足場ではなく、安全かつ任せて安心な商品のご提供を目指し、マンパワーを中心としたサービスに取り組んでいます。
その先駆けとして、施工スタッフの教育と高い技能の保持・習得のために、ビケ足場施工技能士の資格制度が確立されました。
この資格は厚生労働省に正式に認定され、ビケ足場施工付レンタルの一番の担い手であるサービスマンのレベルアップと対応力に大いに役立つものと自負しているとともに、オーダーメイド仕様で業界とお客さまのニーズにきっと応えることができることと思います。
施工付レンタル事業を確立した実績と仮設資材を組み合わせ、いろいろな条件・状況に対応する技術と経験がCHITOSE最大の強みです。

写真01:レンタルサービスからシステムサービスへ

写真02:レンタルサービスからシステムサービスへ

事業概要

ページトップへ